車の購入資金が欲しいために、節約生活も送っていたんです。
なるべく外食とか無駄な出費というものを抑えていたので、最初は食事の誘いは断ったのです。
しかし同僚公務員は、ご飯ぐらい食べさせてあげるという事で甘えてしまいました。
「何で節約なの?」
彼女に聞かれたので、自分の車を欲しいからお金を貯めているという話をしてみたのです。
「なにかいいアルバイトでもあればいいんだけどね、でもバレちゃったら大変でしょう。だからなかなかうまくいかなくてね」
今のちょっとした悩みを彼女に話してみました。
すると、良いアルバイトがあると言い出したのです。
「それならいいアルバイトあるよ。パパ活やってみればいいのに?」
「パパを探すの?」
「お金持ちのパパから、お小遣いもらえるんだよ」
こう言われた時肉体関係を作らなければいけないと思ってしまったのです。
だいたい男の人からお金をもらうと言ったら、援助交際だとか愛人契約だとか、そういう方面の話なのですからね。
しかし、エッチしないなんて言い出したのです。
「違うよ、エッチのことは関係ないんだよ。一緒にご飯を食べに行くだけの関係なんだけど、それがお小遣い稼ぎになるんだよ」
「それウソだよね?」

「ウソじゃないんだなこれが、そういう関係が今流行ってるんだよ。知らない?」
「全然知らない。そんなの」
食事だけでお小遣いを貰えてしまう、そんな美味しい話がこの世の中にあるのって感じでした。
「実は私パパがいるんだけどね、1回の食事で2万円をもらってるんだよね」
「食事を食べるだけで2万の?」
「そうなんだ、月に10万円ぐらいになっちゃうからすごいよ」
男の人と食事に出かけるだけで、それがひと月で10万円になる?ちょっとそれ激しくすごいなって感じてしまいました。